有明・冬フェス2017東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.2

有明・冬フェス2017 東京国際プロジェクションマッピングアワード vol.2

スポンサーリンク

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.2の開催概要

若手映像クリエイターを対象とした映像制作の登竜門「東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2」が2017年12月16日(土)に東京ビッグサイトで開催されます。

日本全国、さらには海外より作品を募集。その中から第一次選考を突破した海外校1校を含む11チームの作品が投影されます。

東京ビッグサイト会議棟の高さ約30メートル、幅約94メートルとなる日本最大級のスクリーンに若き才能が紡ぎだした美しい映像が映し出され競い合います。

無料で誰もが観覧でき、先着順でホットドリンクの無料サービスまでつくという。

フィナーレではプロが手掛けるリミックス映像、音楽、花火とのコラボレーションが冬の夜空に繰り広げられます。

夜空を彩る日本最大級のプロジェクションマッピング、映像のコンテスト有明・冬フェス2017東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.2 について紹介しています。

東京国際プロジェクションマッピングアワードの基本情報

基本情報

名称
有明・冬フェス2017 東京国際プロジェクションマッピングアワードvol.2
所在地
東京都江東区有明3-11-1
開催期間
2017年12月16日(土)  16:30~18:35
開催場所
東京都 東京ビッグサイト 会議棟前広場
交通アクセス
ゆりかもめ「国際展示場正門駅」から徒歩3分、またはりんかい線「国際展示場駅」から徒歩7分
料金
観覧無料
問合せ先
東京国際プロジェクションマッピングアワード実行委員会
電話:03-5459-6203(イマジカデジタルスケープ)
公式サイト(外部サイトへリンク)

スポンサーリンク

東京国際プロジェクションマッピングアワードVol.2のイベント詳細

日 時2017年12月16日(土)17:00~20:00(開場16:30~)
エキシビジョン17:00~17:30
パナソニック(株)主催 東京2020公式プログラム「SportsDesign.Camp.」卒業制作体験会
https://sportsdesign.camp/
ノミネート作品上映会&花火17:30~18:35
全国から予選を勝ち抜いた大学・大学院・専門学校のチームが約4ヶ月をかけて制作し、一次選考を通過したチームの作品が投影され、映像・クリエイティブ業界の第一線で活躍する審査員により優勝チームが決定されます。

プロジェクションマッピング映像と花火が連動したコラボレーション作品の上演も行われます。

表彰式19:00~20:00
東京ビッグサイト特設会場にて表彰式が行われます。未来のクリエイターの誕生です。
【ダイジェスト動画】
2017年8月7日(月)、東京ビックサイトに夏をテーマにした作品を上映!した、プロジェクションマッピング 夏フェス 2017のダイジェスト動画です。



開催場所及び交通アクセス詳細

会場への案内図

会場への案内図

交通アクセス

電車で行く●ゆりかもめ「国際展示場正門駅」から徒歩3分
●りんかい線「国際展示場駅」から徒歩7分

vol.2 ノミネート11作品

2017年12月16日に開催する「有明・冬フェス2017 東京国際プロジェクションマッピングアワード vol.2」のノミネート全11作品の紹介です。

  1. 千葉大学(チーム名:西千葉Lab)作品名:カレーどろぼう
  2. 大妻女子大学(チーム名:アントルメ)作品名:Come on -四季の世界-
  3. 東京造形大学(チーム名:MYUTO)作品名:さんかくをのぞくと
  4. 大阪芸術大学(チーム名:駄菓子屋ph8.0)作品名:LIfe is Game
  5. 多摩美術大学(チーム名:mappi)作品名:sweets space dog fight
  6. 大同大学(チーム名:Harada:Lab)作品名:Memory
  7. 日本電子専門学校(チーム名:あなぐらむ)作品名:こねくしょん
  8. 多摩美術大学・日本工学院八王子専門学校(チーム名:八多摩模様)作品名:Dreaming
  9. 日本工学院八王子専門学校(チーム名:如月駅)作品名:篝火狐鳴(こうかこめい)
  10. デジタルハリウッド大学(チーム名:サプライズ松本)作品名:BLACK
  11. New York University Abu Dhabi(チーム名:mir.a.qui)作品名:Life Cycle

作品の詳細説明は
公式サイトで(外部サイトへリンク)

むすび

世界で通用する若手映像クリエイターの登竜門を作ることにより、将来のコンテンツ産業の中核となる人材の育成を実現する。

そして、プロジェクションマッピングというCG映像コンテンツ技術の高度化と普及を促進し、その取り組みを世界に発信する。

そんな目的の若手クリエイターによる日本最大級のプロジェクションマッピングのコンテストです。

CG映像コンテンツに興味・関心をお持ちの方、或いは、プロジェクションマッピング未体験の方も是非映像のコンテスト観覧にでかけてみられませんか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする