赤穂義士祭の行事や日程2017

赤穂義士パレード

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

赤穂義士祭の概要

赤穂四十七士が眠る「泉岳寺」で開催される赤穂義士祭は、主君の仇を討った義士を供養するお祭で「泉岳寺」では12月14日11:00から墓前供養が行われます。

正午には討ち入り装束を着た人々が築地川銀座公園前を出発して、泉岳寺まで歩く「義士祭」のパレードが行われ夕方には義士行列が「泉岳寺」到着、ずらっと並ぶ義士の姿は圧巻です!

元禄15年(1702)の12月14日に、赤穂四十七義士が吉良上野介の屋敷に討ち入りをし、主君の仇を取った話は毎年年末になるとテレビや映画で放映される「忠臣蔵」でおなじみであった、その潔く散った姿は今も多くの人の感動を呼んでいます。

その赤穂四十七士が眠る寺として知られる「泉岳寺」が、毎年、4月1日~7日と12月14日に義士を供養する「赤穂義士祭」を開催していますが、12月14日に行われる赤穂義士祭(冬)の紹介をします。

赤穂義士祭の基本情報

基本情報

名称
赤穂義士祭(冬)
所在地
東京都港区高輪2-11-1 泉岳寺
開催期間
2017年12月14日(木) 7:00 ~22:00 まで
開催場所
泉岳寺 境内
交通アクセス
都営浅草線泉岳寺駅A2出口からは徒歩約1分
問合せ先
泉岳寺 電話:03-3444-7811
泉岳寺公式サイト 
泉岳寺公式サイトへリンク
料金入園料 無料

赤穂義士祭のイベント詳細

赤穂義士祭の日程詳細

墓前供養2017年12月14日(木)11:00~ 墓前 読経供養 浅野長矩公之墓所
献茶式2017年12月14日(木)12:00~ 東阿部流献茶式(本堂)、献茶式引き続き 義士追善供養(本堂)
義士行列パレード12:00頃、討ち入り装束を着た人々が中央区役所正門を出発し、13時頃に銀座歌舞伎座前、泉岳寺に15:00~15:30頃に到着予定。(中央区役所前から泉岳寺まで約7キロの道のりを練り歩きます)

出典:TOKYO MX  https://www.youtube.com/user/tokyomx

縁日屋台あり(約60~70店)
【来場者数】約2万人 泉岳寺駅からお寺までの道は、大勢の参詣者達で大変混雑

赤穂義士祭の開催場所詳細

泉岳寺

「泉岳寺」境内案内

「泉岳寺」境内案内

1.中門 2.大石内蔵助吉雄銅像 3.山門 4.本堂 5.澤木興道老師像 6.梵鐘・鐘楼堂 
7.講堂(2階は義士木像館) 8.主税梅 9.瑤池梅 10.血染の梅、血染の石 11.首洗い井戸 12.義士墓入口の門 13.赤穂義士墓地 14.赤穂義士記念館 15.庫裏/受処

交通アクセス

電車で行く●都営浅草線=泉岳寺駅下車(A2出口) 泉岳寺駅からは徒歩1分約200m
バスで行く●都バス=泉岳寺前下車 [品97]品川車庫前行
●新宿駅西口-信濃町駅南口-品川駅 [反96甲or乙]赤羽橋駅前循環
●五反田駅-品川駅前-麻布十番駅前-白金高輪駅前-五反田

泉岳寺の赤穂義士に関わる見どころ

浅野長矩および赤穂義士墓

浅野長矩と、主君の仇を討った47人の赤穂義士の墓です。義士たちの墓は討ち入り後の預け先によって分け、並べられています。
討ち入り前に自害した萱野重実の供養塔を含めて48基の墓があります。
赤穂義士ゆかりのもの

大石内蔵助吉雄銅像
赤穂藩筆頭家老・大石内蔵助吉雄が元禄袴を身につけ、連判状を手に江戸のある東の空をじっと睨んでいる姿を表した銅像です。
主税梅
大石主税が切腹した三田の松平壱岐守邸に植えられていた梅が移植されたものです。
血染めの梅・血染めの石
浅野内匠頭が切腹した際に、その血を浴びたと言われている梅の木と石で、田村右京太夫邸の庭から移されたとされています。
首洗い井戸
本懐成就後、吉良上野介の首を主君の墓前に供えるため洗ったとされる井戸と言われてます。
赤穂義士記念館

赤穂義士に関する貴重な遺品や忠臣蔵についての資料館で、忠臣蔵についてのビデオも上映しています。
また、義士木像館には江戸時代終わりから明治二年までに制作された四十七義士の木像が収められています。

拝観料: 大人 500円/中高生 400円/小人(10歳以上)250円/団体30名様以上 400円
(赤穂義士記念館と義士木像館は共通券)

泉岳寺お土産泉岳寺・山門前にはお土産屋さんが並んでいます。おすすめ商品は赤穂浪士グッズ。そのほか、泉岳寺ならではのアイテムが豊富です。

陣太鼓
大石内蔵助が討ち入りの際に打ち鳴らしたといわれる陣太鼓です。泉岳寺のお土産で一番の人気です。
勝守
この『勝守』は魔利支総天のお守りで(勝負事に強く、念ずれば一切の災いから逃れる と言われています)、体操の内村選手が2011年に見事金メダルを取った際に勝守を持っていたといもいわれており人気が集まっています。

むすび

東京の街を歩いてみると都心の至るところに忠臣蔵ゆかりのスポットが点在しているのに改めて驚かされます。

ドラマや映画でよく見る江戸の風景とはすっかり変わってしまっているものの、今からおよそ300年前、江戸の世を騒がせた大事件「赤穂事件」の記念碑が点在する東京の街でこの冬も赤穂義士祭が行われます。

「忠臣蔵」という物語として脚色されている部分はあるものの、実在した人物たちに想いを馳せながら、この冬は泉岳寺で行われる赤穂義士を供養する赤穂義士祭(冬)に出向いてみませんか。

 2017年12月14日(木) 両国にある、吉良邸跡、こちらでも、義士祭、吉良祭が行われます。≫義士祭、吉良祭についてはこちら

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)