おぢや風船一揆・熱気球と花火と雪原のイベント情報

新潟県小千谷市で2月後半、雪原で開催される「おぢや風船一揆」は、今年は記録的少雪の為、規模を縮小し雪を利用したイベントやイベント会場を変更し実施することになった。

最近では2016年に少雪の影響を受けたが、2日間あわせて約1万8,000人の来場者でにぎわった。

スポンサーリンク

おぢや風船一揆の概要

おぢや風船一揆は国内40機ほどの気球が一堂に会した「日本海カップ・クロスカントリー選手権」を兼ねたイベントですが今年度は記録的少雪の為中止となりました。

初日の夜には会場の雪割灯に火が灯り、バーナーの火によりライトアップされた気球の上空に花火が打ち上げられ幻想的な世界が生まれるはずでしたが中止となりました。

西中会場では、数多くある熱気球競技の中の一つ「ヘア・アンド・ハウンド」、通称「ウサギ狩り」と呼ばれる競技で「日本海カップ・クロスカントリー選手権」が行われる予定でしたが熱気球フリーフライト、紙熱気球「ぼこ」あげのイベントのみとなります。

イベント会場として予定されていた平沢会場が桜町会場に変更となりスノーチューブ、スノートレインなど雪を利用したイベントは中止となりました。

その代わり、空気で膨らませた遊具で遊べるフアフアランドや陸上自衛隊展示コーナーが設けられます。

うまいもの広場、熱気球試乗体験(係留)、宝探し(子ども向けイベント)などのイベントは予定通り設定されています。

おぢや風船一揆は、

1977年(昭和52年)に「第1回風船一揆」として参加総数7機でスタート。

1982年(昭和57年)から「風船一揆」の名称から「おぢや雪原まつり」と変わり。

1994年(平成6年)に「グローバルーンフェスティバル」が盛り込まれました。

2020年(令和2年)には「第44回おぢや風船一揆」を迎えます。

この様に内容が充実すると共に現在の「おぢや風船一揆」となり、年によっては気象条件による中止や若干の参加数増減などもあったが、徐々に規模を膨らませてきました。

第44回おぢや風船一揆の開催情報

基本情報

名  称 第44回おぢや風船一揆
開催期間 2020年2月22日(土)~2月23日(日)
開催場所 西中会場(熱気球フリーフライト会場)
桜町会場(各種イベント会場)
所 在 地 新潟県小千谷市平沢・西中
料  金 無料
[但し]熱気球試乗体験:高校生以上1,000円、小・中学生500円、未就学児無料
アクセス(公共交通) JR上越線「小千谷駅」よりシャトルバス運行予定(桜町会場)
小千谷駅からシャトルバス運行(西中会場)
アクセス(車) 関越自動車道「小千谷」ICより10分
[駐車場]【桜町会場】普通車:有り(小千谷市総合体育館)
【西中会場】普通車:有り(楽集館・JA越後おぢや低温倉庫)
※臨時駐車場よりシャトルバスが随時運行予定。
問合せ先 おぢや風船一揆実行委員会
電話番号/0258-83-3512
ホームページ/小千谷観光協会公式サイト
備  考 ※会場は積雪状況により変更になる場合あります。 
※スケジュールは天候等によって変更・中止になる場合があります。

スポンサーリンク

行事の詳細とみどころ

「おぢや風船一揆」の実行委員会は、新潟県小千谷市で2月22、23日に開かれる熱気球のイベント「第44回おぢや風船一揆」のイベント内容を、少雪のため変更したことを発表しました。

メインの競技フライトの中止と同時に夜間の熱気球ライトアップと花火イベントも中止することを1月30日の公式ホームページで公表しました。

競技フライトは県内外の愛好家が気球操縦技術を競う風船一揆の中心行事。

今年は45チームがエントリーしていたそうですが、競技フライトには1メートル以上の雪が積もった広い場所が必要だということです。

例年、雪を圧雪して会場として設営していた西中地区の田んぼが少雪のため露出していた場合、着陸後に気球が汚れたり表面に傷が付いたりするためだという。

しかし、今年は30日現在、積雪がなく、今後も本格的な降雪も見込めないため競技を中止しざるを得ず、代わりに自由に熱気球を飛行させるフリーフライトに変更となった。

実行委ではエントリーしていたチームに呼び掛け、10チーム程度の参加を見込んでいる。

例年、平沢地区で行っていた熱気球の試乗体験は桜町の市総合体育館近くの広場に会場を変更する。

また、雪原イベントで、雪のスロープを専用チューブに乗って滑り降りるスノーチューブ、スノーモービルで引っ張るゴムボート(スノートレイン)などの雪遊びも中止となった。

このような少雪による競技フライトの中止は最近では2016年にあったという。
少雪の影響で雪上イベントの会場が今回のように変更され、行事内容が縮小されたものの、2日間あわせて約1万8,000人の来場者でにぎわったそうである。

西中会場イベント案内

西中会場では熱気球フリーフライト、紙熱気球「ぼこ」あげがおこなわれます。

会場は小千谷市中心部からおよそ2~3キロメール離れた西中地区の水田上で行われます。

例年であれば、開催時は冬で会場は雪に覆われており、また会場周辺はほぼ水田と道路のため、会場の周囲は障害物のない一面の雪原となります。

しかし、今年は少雪のため会場と予定されている地区(ランチサイト(競技大会会場)状況)の状態は下記のようなため競技フライトは熱気球フリーフライトに変更されました。

ランチサイト(競技大会会場)状況小千谷観光協会 Facebookより 1月29日 現在

2020年2月22日(土)

熱気球フリーフライト  午前8時(離陸予定)
2020年2月23日(日)

熱気球フリーフライト  午前8時(離陸予定)
紙熱気球「ぼこ」あげ  午前9時頃~

熱気球フリーフライト

 
真っ白な雪原に色とりどりのカラフルな熱気球が冬空に浮かび舞う

紙熱気球「ぼこ」上げ

 
手作りした薄い紙でできた熱気球を大空に上げます。手作りならではの色々なデザインの熱気球が舞い上がります。

桜町会場イベント案内

桜町会場ではフアフアランド、うまいもの広場、熱気球試乗体験(係留)、宝探し(子ども向けイベント)、陸上自衛隊展示コーナーが予定されています。

熱気球試乗体験(係留)
2020年2月22日(土)・2020年2月23日(日)

・午前の部 10:00~11:30(先着200名) ※ 9:00~整理券配布
・午後の部 13:00~14:30(先着200名) ※ 12:00~整理券配布

・※ 高校生以上 1,000円 小・中学生 500円 未就学生 無料

地上15m近くの上空で、およそ3分間風にゆられ空中浮遊

うまいもの広場
2020年2月22日(土) 9:30~18:30

2020年2月23日(日) 9:30~15:00

うまいもの広場には毎年25店前後、小千谷の名店やいち押し品を扱う店が並び、熱気球競技大会に参加する競技者たちや雪原イベントの来場者など多くの人を喜ばせています。

うまいもの広場

子ども向け宝探しゲーム
2020年2月23日(日) 10:00~

雪に埋められたお宝を目指して一直線!子ども向け宝探しゲームです。

先着300名 参加費無料 申し込み不要(当日会場に集まり下さい) 

※ 幼児~小学生の元気な子供たち
豪華賞品を用意し、参加者にプレゼント(参加賞)があります。

フアフアランド
2020年2月22日(土) 9:30~16:00
2020年2月23日(日) 9:30~15:00

フアフアランド
空気で膨らませた遊具で遊べます。
3歳以上1回300円(5分間)※ 3歳未満無料ですが、安全のため保護者同伴のこと。(保護者分は有料)
陸上自衛隊展示コーナー
2020年2月22日(土) 10:00~15:00

陸上自衛隊高田駐屯地から、自衛隊車両がやってきます。装備品の展示や、ちびっこの制服着用体験や記念撮影もできます。

桜町イベント会場案内

会 場 案 内 図

動画で見る「おぢや風船一揆」

 おぢや風船一揆 (新潟県空撮)
2016年2月

地 図 情 報

 
新潟県小千谷市平沢・西中

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする