尾久の原公園シダレザクラ祭り2019のイベントと見どころ

尾久の原公園シダレザクラ祭り

荒川区で唯一の都立公園、都立尾久の原公園にはベニシダレやウジョウシダレなど4種類250本のシダレザクラの園が拡がっています。

毎年、4月の初旬に尾久の原公園シダレザクラの会が主催するイベント「尾久の原公園シダレザクラ祭り」が開催されます。

第16回尾久の原公園シダレザクラ祭りは2019年4月6日(土曜)午前9時30分から午後3時まで開催されます。

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

第16回尾久の原公園シダレザクラ祭りの概要

荒川区で唯一の都立公園、都立尾久の原公園をシダレザクラの名所にしようと平成14年3月、区民等の有志の手によりシダレザクラが植樹されました。

17年が経過した現在は、尾久の原公園だけでなく隅田川沿岸や東尾久運動場にベニシダレやウジョウシダレなど4種類250本のシダレザクラの園が拡がっています。

区民などの協力を得て植えたシダレザクラを多くの人に観賞していただくため、平成14年から始まったのが「尾久の原公園シダレザクラ祭り」です。

ここは、まだ有名な名所とは言えませんがベニシダレやウジョウシダレなど4種類250本のシダレザクラが会場を華やかに演出し、地元商店会による模擬店や交流都市による物産展、区民団体が繰り広げるステージショー等によって、今では春の訪れを告げるイベントとして定着しています。

尾久の原公園シダレザクラ

第16回尾久の原公園シダレザクラ祭りの基本情報

名  称 第16回尾久の原公園シダレザクラ祭り
所 在 地 東京都荒川区東尾久7-1
開催期間 平成31年4月6日(土曜) 午前9時30分から午後3時まで
※注釈 荒天の場合は、7日(日曜)に順延
開催場所 都立尾久の原公園・東尾久運動場
料  金 入園料無料
運  営 主催 尾久の原公園シダレザクラの会
共催 荒川区
問合せ先 尾久の原公園シダレザクラの会事務局(荒川区役所道路公園課)
電話番号/03-3802-3111(内線:2752)
ホームページ/荒川区ホームページ

アクセス情報

地 図 情 報

 
東京都荒川区東尾久7-1 尾久の原公園

尾久の原公園周辺MAP

交 通 情 報

電車でアクセス
東京さくらトラム(都電荒川線):「東尾久三丁目」または「熊野前」停留場下車より徒歩約10分
日暮里・舎人ライナー:熊野前駅より徒歩約8分
JR:田端駅よりバス北千住駅前行(端44)「大門小学校前」下車すぐ
コミュニティバス町屋さくら「東尾久運動場」下車すぐ
車でアクセス

※注釈 公園に駐車場はありません。徒歩や公共交通機関をご利用ください。

尾久の原公園シダレザクラ祭りの詳細

「尾久の原公園シダレザクラ祭り」の2019年のイベントにはステージショーや模擬店、子供向けゲームのほか、交流都市による物産展など、様々な催しが用意されています。

また、今年も同会場において、「尾久の原スプリングフェスタ」が開催される他、新企画として「おぐのはら森のマルシェ」で青空でのヨガ、ワークショップ、キッチンカー、野菜の販売等が楽しめるように計画されています。

その期間は付近の人達だけでなく、関東全域からたくさんの人がお花見に訪れます。

尾久の原公園シダレザクラ

尾久の原公園シダレザクラ祭りのイベント

第16回尾久の原公園シダレザクラ祭り 2019年のイベントについての発表は以下の項目が挙げられていますがステージプログラム等の詳細につきましては未確定です。

・ステージショー(ダンス、和太鼓、お囃子など)
・模擬店
・物産展(潮来市、鴨川市、つくば市)
・野点
・草花即売会
・子供向けゲーム
・さくら投句会
・スタンプラリー
・絵本ミニライブラリー等

※注 ステージプログラム等の詳細につきましては確定後掲載する予定です。

尾久の原スプリングフェスタ

区内共通お買い物券が当たる抽選会や大道芸人によるパフォーマンスを楽しむことができます。
※注釈 抽選会の詳細については、会場内で配布するチラシをご確認ください。

おぐのはら森のマルシェ

新企画としてマルシェを開催します。
青空でのヨガ、ワークショップ、キッチンカー、野菜の販売等尾久の原公園の魅力をお届けします。

シダレザクラ祭りのスナップ-ショット

シダレザクラ
野点
和太鼓
物産展

尾久の原公園シダレザクラ祭りの動画

尾久の原公園シダレザクラ祭り
あらぶんちょ!チャンネル 2016/04/21 に公開

尾久の原公園について

シダレザクラ祭りが開催される尾久の原公園は旭電化尾久工場跡地に現在も造成中の、荒川区唯一の都立公園です。

最終的には運動施設や多目的広場を持った10ヘクタールの公園となりますが整備完了までには、10年以上の年月を要することになるそうです。

開園区域には、芝生広場、クローバーの広場、流れ等の施設が整備されています。
特に小さい子供を対象とした人工の流れは、連日多くの人に利用されています。

園内の湿地や池の周囲には、葦が生い茂り、野鳥やトンボ、そしてザリガニなどが生息すると言った、自然が残されている

夏になると、園内にあるジャブジャブ池は子供たちに歓声に包まれます。

「尾久の原公園」は、都内でも数少ない自然を満喫できる公園として、お花見はもとより四季を通じて多くの人に親しまれています。

そして現在も、公園周辺を含めて、荒川区全域でシダレザクラの名所づくりが進められています。

尾久の原公園シダレザクラ

 むすび 

「尾久の原公園シダレザクラの会」の方々によって、サクラの維持管理が続けられ尾久の原公園だけでなく隅田川沿岸や東尾久運動場にシダレザクラの園が拡がっています。

年々美しさを増す250本を超えるシダレザクラを区民の皆様をはじめご来場いただいた方々に楽しんでいただくために、ステージショーや模擬店、子供向けゲームのほか、交流都市による物産展など、様々な催しを用意して迎えてくれるそうです。

尾久の原公園シダレザクラ祭りの期間には付近の人達だけでなく、関東全域からたくさんの人が訪れる、都内でも数少ない自然を満喫できる公園のシダレザクラのお花見情報でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Simplicityレクタングル(大)